倍返しの反撃!!

大阪全労協

2021-07-27

大阪地裁は、7月13日、関西生コン武建一委員長に懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡した。カンパを受けた事を強要事件とされた滋賀県太陽生コンは無罪、しかし、京都フジタ事件は、コンクリートの質を守るためのコンプライアンス活動が、執拗に行われたとして、有罪となりました。また、大阪での、ストライキ支援の為の説得活動が、有罪とされました。裁判で流されたビデオを見れば、セメントを運ぶトラックを取り囲み、関生組合員が運転手にビラを渡すことを阻止し、トラックを動かせないようにしたのは、在特会が加わり、労働組合つぶしをもくろみ敵対した広域生コン協同組合です。

ストライキの支援要請のビラを渡そうとしただけの組合員を、包囲し、トラック輸送を阻止したかのように見せかけるトリックを使い、その場にいなかった武建一委員長を罪に陥れたのです。

企業内組合でない関西生コンは、組合員の居ない会社にも出かけ、ストの意義と支援を要請する宣伝活動をするのは当たり前です。憲法28条、刑法35条であるように、これに刑事罰を加えるべきではないのです。

この判決にもめげず、執行猶予がついた武委員長の元気な挨拶、揺るがない闘う姿勢に、集会は大いに盛り上がりました。

大阪全労協について質問がありますか?大阪全労協に加盟することで、あなたの組合にどのようなメリットがあるかを知りたいですか?職場でのトラブルについて相談したいことがありますか?お気軽にお問い合わせください。

Telephone
06-4793-0735

Email
info@osakazenrokyo.org

Facebook
www.facebook.com/osakazenrokyo

Address
大阪市中央区北浜東1-17-5-8F