衆院選で過半数を制して、安倍自公政権が復活しました。原発再稼働、国防軍創設、憲法改正に向けて動き出しています。自公に対抗する野党の結集と言いながら、原発・軍事・憲法問題では、安倍政権と同一歩調を取るのが橋下・維新の会です。これに加え、大阪で行っている組合敵視・福祉切り捨て、人権蹂躙政策を国政にまで広げようとしています。
 
 こうした政治状況にあって、大阪全労協は、大阪から橋下・維新の会に反撃する闘いを呼びかけます。欧米においても保守回帰が見られる背景に、世界経済危機があることについて共通認識をもち、保守政権・ブラック自治体を串刺しにする闘いを作りましょう。

〜組合つぶし、教育、福祉切り捨て、原発推進、憲法改正を許さない!〜
橋下・維新に大阪から反撃する講演集会

日時:2013130日(水)18時半〜
場所:エルおおさか南館ホール(最寄駅:谷町線天満橋駅2番出口)
講演:「世界経済危機と保守回帰」
   浜 矩子さん(同志社大学大学院ビジネス研究科教授)


報告:ブラック自治体:大阪府(竹林隆・大阪教育合同労組書記長)
   権利侵害都市・大阪市(藤原航弁護士・大阪労働者弁護団
   反原発・反被曝・反弾圧(下地真樹・阪南大学准教授)
主催:大阪全労協
   (問い合わせ)Tel&Fax 06-4793-0735 info@osakazenrokyo.org
協賛:橋下独裁に反対する在阪7労組

入場無料