言いたい放題・もの申す   迷惑通信

             電通合同平出正人さん「言いたい放題・もの申す迷惑通信」より転送

   3/23 全国一斉ストライキ決行!!
       郵政産業労働者ユニオン 
    全国13拠点、25職場でスト突入
           賃上げ要求ゼロ回答を許さない!
     正社員化・均等待遇を実現しよう!
 
                【許せない!2年連続ベアゼロ会等】

郵政ユニオンは17春闘要求書を日本郵政グル−プ各社に2月21日、提出。以降、これまで7回の賃金交渉を積み重ねてきました。
3月16日に会社回答が示されましたが、ベア、時給引上げは全くのゼロ回答でした。2年連続のゼロ回答は生活改善を実感できない
労働者の切実な賃上げ要求に背を向けるものです。

「厳しい経営環境の中で、定期昇給の実施と一時金4.0月(昨年と同じ)ができる限り最大の回答」としていますが、定昇はすでにある
賃金原資で実施するものであり完全実施は当然のことです。

 特別加算は昨年の半分の支給額で期間雇用社員のみ。これにかかる金額はわずか2億3千万円、一方で今年度、株主には約2050
億円が配当されています。2017年3月期決算で3200億円の当期純利益を見通しながら、賃上げゼロは全く許すことはできません。

 
                  【正社員登用応募要件の緩和を提案】

現行の正社員登用応募要件、スキルA習熟度あり2回を「スキルA習熟度なし以上」に緩和。さらに日本郵便は「スキルB習熟度
なし以上」、「連続する雇用期間が1年を経過」(当面)と大幅に緩和されることになりました。組合要求にも応えた緩和は評価します
が、現行の登用試験制度の見直しと応募要件の緩和に見合う登用数の拡大が求められています。
         
 
                     【怒りのストライキでたたかいぬこう!】

17日の第6回賃金交渉で会社回答に「到底納得できるものではない」と強く再検討を求めました。22日に第7回賃金交渉を開催
しましたが、会社の回答は変わらず交渉は決裂しました。

郵政ユニオンは23日、全国13拠点、25職場で「ゼロ回答に抗議し、要求実現」のストライキに突入しました。みなさんのご理解と
ご支援をお願いします。

 
         
   
              

  
          


 
              

 
       


 
              

 
                        【主な回答内容】

☆期間雇用社員

◆月給制、時給、賃金引上げゼロ

◆特別加算

 月給制、スキルA(月84H超)5000円、スキルA(84H以内)スキルB(84H超)2500 スキルB(84H以内)1250

◆均等待遇

 ほぼゼロ回答、育児休暇延長、育児補助、介護補助充実、正社員登用応募要件の緩和、一般職登用者の初任給算定方式の改善

☆正社員

 ベアゼロ、一時金4.0

 高齢再雇用社員要求−応じられない!