言いたい放題・もの申す   迷惑通信

             電通合同平出正人さん「言いたい放題・もの申す迷惑通信」より転送
    全労協第28回定期全国大会
  日時 2016年9月22日(木・祝)〜23日(金)
  場所 熱海ニュ−フジヤホテル

昨年10月、全労協27回大会から早くも一年が経過しました。
 この一年、私たちは労働条件維持・改善の闘いをはじめ、被災地の方々との連帯、脱原発社会の実現と憲法を守り、
平等で平和な社会づくり、戦争法廃案を闘ってきました。

 安倍政権の暴走は「集団的自衛権」の閣議決定から「戦争法」の強行成立に突き進み、川内原発をはじめとする原
発の再稼働、他国への原発輸出、武器輸出、沖縄での辺野古新基地建設、オスプレイ配備など行っています。多くの
国民が反対する中で、まさに数の暴力と言わざるを得ません。

 私たち全労協は、職場の仲間・地域の仲間に立脚しながら、権利を譲らず、差別を許さず、平和と民主主義を守り、
ひとを大切にする運動を追求してきました。さらには脱原発・反原発の闘いも全力で取り組んで来ました。そして多
くの成果も獲得してきました。
 

第28回定期全国大会では、これまでの運動を総括し、働く者が報われる社会・安心して生きられる社会に少しでも
近づく闘いのために活発な議論をおこないました。

 
  開会あいさつ 全労協 唐澤副議長】           【議長団選出・同挨拶】                       
     【全労協 金澤議長挨拶】

◎ 「権利を拡げ、差別を許さない」闘いを広げよう!

労働者・市民の生活と権利、人権、反戦・平和を闘う全労協運動を!

◎ 平和主義・主権在民・基本的人権の尊重を謳う日本国憲法を守ろう!

◎ 生活時間を取戻し、ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を実現しよう!

◎ 貧困・格差社会に反対し、非正規労働者の権利確立、均等待遇の実現しよう!

◎ 東日本大震災の復興連帯、原発再稼働に反対し、脱原発社会の実現に全力をあげよう!

◎ 立憲主義を否定し労働者市民を戦争に駆り立て、生活破壊を進める安倍政権打倒!

 来賓あいさつ

 
 
 
  
2015年度経過報告・2016年度活動方針(案)提案     【フジビ闘争報告】
  全労協 中岡事務局長】

闘いの報告・質疑、討論】
『けんりを譲らない、けんりは闘い取るもの』
『差別を許さない。平等・公正、均等待遇は闘い取るもの』  

 
     【FAユナイテッド分会からの報告】      【メトロコマ−ス支部 後呂良子委員長】   

  
      【全統一労働組合】                    【京都総評】

 
 【大阪教育合同】                    【神奈川県労働組合共闘会議】

 
 
活動方針など提案事項に対する採決】

大会決議・宣言】

 ☆大会宣言

 ☆戦争法廃止!平和憲法の改悪を許さず、沖縄と連帯し、護憲・平和運動を闘う決議

 ☆すべての原発廃炉!脱原発社会の実現に向けて闘う決議
 ☆安倍政権の「働き方改革」の狙いを見極め、労働者が活き活き働き、人らしく生きることのできる職場・
  社会を実現する決議

 
 

 

 

戦後労働運動は、そして全労協は、再び戦争する国となることを拒否し「平和な民主主義」を一分も譲らないた
めに闘うことを誓ってきた。新たな時代をむかえ、正念場の闘いに私たちは挑む。命をないがしろにする流血の政
治を許さない。

社会は細分化され人々は分断社会にさらされている。一人ひとりが大切にされる運動で一人ひとりが大切にされる
職場をつくり、本当の活力のある社会とすること、それこそが労働組合の真骨頂だ。私たちは「明日をもしれぬ生
活のなかで戦争法反対デモを見つめていた広範な人々」と結びつき、共に闘いを創り出すことを実現していく。

全労協は新たな方針のもと、新自由主義潮流に対する世界の労働者の闘いの一端を担い、安倍内閣打倒、改憲阻止、
労働法制破綻阻止のために全力で闘うことを宣言する。

2016年9月23日