2016年 大阪全労協旗開き

あけましておめでとうございます。

戦争法案が昨年とおり、2015年というのは、あの2011年と並んで将来語られる年と記憶されるでしょう。世の中がどう
なっていくのかが懸念されえる年明けです。

監視カメラがあらゆるところに設置され、顔認証や歩幅で人の特定ができるようになっています。安全・安心を権力が云う時、
うさんくさいと私たちは警戒します。実際の犯罪率は年々下がっています。「最近こわい事件が多いね」と自分たちで、どんどん
監視社会を強めていっているように想います。

いよいよ改憲に向けて歩み出しています。労働組合が取り組みにくい「派遣」が増え、正規社員は長時間労働、職場に団結権がなく、
最近の労働相談は、神疾疾患・パワハラが増えています。世の中に連帯感がなくなていると感じます。
だからこそ労働組合はがんばらなければ。

 
「こんなにも単純で知ったかぶりの扇動者だとは、まさか思ってもみませんでした。尊敬の念をいだかせるものがあれば、それを
認め、仮にでも慕う気持ちはあったんです。その気持ちが、いとも簡単に正反対のものとなり、まったくの軽蔑に転じてしまった
のは驚きでした。」1921年ごろ、ヒトラ−を評した女性の言葉です。

今年は参議院選挙です。維新・公明で大阪の選挙は独占されるのではないかとの危惧もあります。そうならないよう頑張っていきたい。
私たちは「憲法九条は世界の宝だ」と言ってきました。軍事対決で対決しない、そして信念としての「核は絶対悪」だと言ってきました。
北朝鮮の今回の核実験には断固として駄目だと言い続けます。

 
大阪府総合労働事務所 岡本さん(左側)
府民の目線で労働相談をされていますが、昨年に比べて1200件も増えている状態が続いているそうです。相談の内容は労働契約
についてが昨年の1.5倍。非正規の方々の賃金がどれだけ減っているか、非正規の方々の切実な声を受け止めていただいています。
今年は1万件を越えそうだとのこと。働き甲斐のある職場を支えていきたいと、ご挨拶いただきました。
 
ユニオンネット 柿沼さん               今年も美味しい、お料理をありがとうございます。あっぱれさん
アンチ維新で共闘して闘ったのに、負けてしまった。一枚岩になれなかった。安倍さんはほくそ笑んでいるのだろう。今国会では憲法
改正が視野に入ったと。7月の参院選で勝利し2/3を取りと・・・。残業代ゼロ法案と解雇規制の緩和、うるさい奴は首きろうと。
選挙イヤやという人も全労協は多いけど、一致団結してがんばろう。
 
全労連議長 川辺さん 大阪全労協の旗開きにおいでくださいましたのは2回目です。
大阪の財産は協同できてきた事。JALの闘いを始めとして改憲勢力に瀬戸際の闘いが続きます。きびしい時代ですが、人間が作って
いる制度ですから変えられます、我々が変えて行きましょう。とご挨拶いただきました。
 
  
 
 
 
                              泉大津市議の高橋さん
 
全港湾大阪支部副委員長 山田さん 
元自衛官の山田さんは、今の自衛隊は軍隊だと感じるとのこと。安保法制は50年ほどかけて軍隊にしようとの計画だったと感じ
られるそうです。海外で人殺しをいずれします。実際の訓練が始まっています。戦争を知ってる人が声をあげないと。
 
JALと国は、ILO(国際労働機関)の勧告にしたがい不当解雇した165名を職場にもどせ!
 
                              高槻市議 野々上さん
 
尼崎市議 酒井さん お酒がハイって誰も聞いてないから好きなこと話す・・・と。
昨年暮れ孫ができ、孫の顔みてたら、国が大変な方向に舵をきり、間違った方向へ向かっているのを変えていかなくては、
(酒井さん、やっぱり真面目やん)
 
社民党 服部さん
戦争法廃止まで頑張ろう、大阪で改憲議席がすべて占めることを許してはならない。市民、大衆運動のなかから声をあげていこう。
戦略、戦術をつくして「われわれの要求を」実現していこう。
 
 
 
大阪全労協始まって以来の、○×ゲ−ムによる商品(事務所で長〜い間眠っていた)争奪戦?もありました。
苦しい闘いがつづきますが、楽しく、明るく今年も頑張ろう!