15 もんじゅを廃炉へ!全国集会
そして高浜店発3・4号機再稼動を本気
  で止める!全国集会
建設計画から38年。あまりにも遅すぎた規制委員会の高速増殖炉からの撤退勧告。超危険、超浪費、反平和の根本的問題を抱えた
もんじゅ。設置が決定するまえに地元、白木には当時の文部省から協力金がくばられ、ナトリウムもれの大事故から運転再開までの
期間に、国から115億円の交付金が敦賀市や福井県に交付されるなど、原発マネ-ファシズム、国内植民地化の事例は枚挙にいと
まがありませんでした。
 
戦後50年目の95年12月8日にナトリウムもれ事故が引き起こされました。同じ年、ヒンズ-教の教義のかげのにかくれてサ
リンを作り、殺人を強行したオウム真理教。一方科学技術庁と旧動燃は文殊菩薩のかげにかくれて、プルトニウムを増殖し、夢の
原子炉と謳い、あやうく列島の半分を居住不能におとしいれるところでした。それにも関わらず核武装の選択肢残すためにも歴代
の政権はもんじゅに予算をつけ続けました。
 
プルトニウムは、地獄の大王と命名された元素です。12月8日は長崎原爆をまねくことになった真珠湾攻撃の日であるとともに
2500年前にお釈迦様が菩提樹の下で悟りを開き仏陀となられた日でもあります。人間中心主義の環境汚染、戦争へいきつく道
を選ぶのか、それとも生きとし生きるものと共生の道を選ぶのか。もちろん、仏陀の精神を指し示されている文殊菩薩の意思は後者
でありましょう。 冷却材の液体ナトリウムは空気や水に触れえると燃え、爆発します。地球の表面は水素と酸素の元素でほとんどが
覆われています。

 
もんじゅや各原発の問題は、福島や福井のように、過疎地に封印してはいけません。民主・自主・公開の平和利用3原則が原子力
基本法に明記されていますが、当初から骨抜きにされたまま3・11を迎えることになりました。原発の廃棄物をどうするかとい
う議論にそじょうしてくる迷惑施設である中間貯蔵施設を受け入れるや否や?結論も大事ですが、それを導き出すプロセスが大事
です。プラス・マイナスの情報の徹底した情報公開。議論をするメンバ-が民主的に構成されなければいけません。熟議を尽くし
て、みんなの合意を得ることが重要です。
 
                              共同代表 中嶌哲演さん
       
 
原子力資料情報室 伴英幸さん                長崎大学核兵器廃絶研究センタ-長 鈴木達治郎さん 
鈴木さんは、元原子力委員会委員で、わたしたちからすると信じていいものかしらん?となるのですが、アウェイのなかよくおいで
くださいました。止まってから20年、技術の継承ができず、電力も腰がひけている「もんじゅ」。高速増殖炉の実用化について当
時の原子力委員会委員長の近藤駿介さんが「2050年としたのに根拠はない」と発言したのに議事録には載らなかったことを披露。
 
科学者の本質とは、自分で考え問題を追及していくこと。国策として始めた高速増殖炉は、一度決めたことだから止められない。
科学者の自主性がそこにはないのでモチべ-ションは持続できない。「続ける、止める」の議論を始めからやり直すチャンスは今
とおしゃられた。鈴木さんは、もんじゅを含めて、今のところ再処理は必要ないとの結論です。
 
最近の集会でおなじみになってきた 「原発再稼動ストップ」    参加者は750名でした。
 
続いて会場横の公園で高浜原発の再稼動を本気で止める全国集会
いつでも、どこでも、誰でも参加できるシンプルな提案がなされました。一食だけ断食してすこしひもじい想いをしながら原発再
稼動を許さない意思を表明すること。その一食分の食費を原発に依存しない社会を創り出すために共通の口座に振り込むこと。
 
 
関東での講演依頼をけって司会いただいた講談師の神田香織さん                         

 
原発をなくす全国連絡会議 斉藤富春さん
 

 
再稼動阻止全国ネットワ-ク 柳田真さん

 
 
福島の現状を訴える 武藤類子さん
原発事故は終わっていません。事故を起こした原子炉からは毎日放射線垂れ流されています。毎日7000人の労働者が搾取と危険
のなかにあり、放射性廃棄物は県内あらゆる処に放置され、1キログラムあたり8000ベクレル以上の放射性のゴミを減要化する
という焼却炉は原発関連企業が受注し、利権はくり返されています。
 
放射線量がまだ落ちていない避難地域を解除する県と国。避難者の声を充分聞かぬまま、賠償を打ち切ったり、借り上げ住宅の召し
上げ。テレビタレントを起用した新しい放射線安全神話が始まっています。

 
鹿島啓一弁護士 規制委員会を相手に指し止め訴訟に8日踏み込むという報告がありました。
 

 
 

 
 
福井駅前まで市内のデモ行進。集会は750名でしたが、総勢1200名にふくれあがり、右翼のみなさんのおもてなしもうけ、
10グル-プのてい団が「もんじゅは廃炉」「高浜を稼動させるな」と訴えました。
 

 

 

 

 
国富とはなにかを司法の場で示した福井地方裁判所 来年早々高浜3・4号機の判決で「司法はやっぱり生きている!」とわたしたち
にまた言わせてください。