子どもを戦場に導く教科書はいらん!
      
      抗議集会
        主催:あぶない教科書はいらない!2015大阪連絡会
 
大阪市、東大阪市、河内長野市、四条畷市、泉佐野市、歴史教科書で2万人、公民の教科書で2万5千人の中学生が、つまり大阪府
の5人に1人の中学生が育鵬社を強制されます。

 
育鵬社の教科書ってどんな教科書? YouTube でご覧いただけます。(1〜10 各1分少々)
 
選定の不可思議を報道するニュ−スの上映
大阪市では傍聴者を締め出し、東大阪では答申には育鵬社は入ってなかった...?河内長野では歴史は5位、公民が2位だった
にも関わらず決定。四条畷では教育長が強く推し当初教育委員会は反対していたにも関わらず同調。泉佐野の答申では評価が低か
ったのに、採択。

 
 
全国シュアで10%が教科書を発行している会社が採算がとれる数字。2001年に発刊してからの赤字をフジサンケイグル−プ
が埋め、財界のカンパでまかなってきました。今6%まであがってきました。
 
 
報告の一つとして、最近、駅前でのヘイトスピ−チが、教科書に関しては、一見すると政治的主張を淡々と述べているように一般の
人には受け止められるのではないかという危機感が示されました。   根にあるのは歴史修正主義であるのに。

修正することによって在日の方々の存在を否定し、レイシスト集団が「在日は権利を享受している」というデマを流布し、さらに差別
を扇動を助長することになります。

 
若者の発言から
3年ほど前に橋下さんが教育基本条例を始めようとしたとき、「これなんかおかしいよなぁ」と。教員が相対評価で評価されて、しかも
君が代不起立はアカンことになっている?何がおかしいのかキッチリと言葉にだして言えなかったけど、自分の言葉でしゃべりたいとい
う欲求があるのを感じています。人に言わされていうのでなく。理解してしゃべりたい。自分の感覚のなかからでてきた言葉でしゃべりたい。

嫌いな人と一緒に運動することって大事だなぁ 一緒にやっていると、感性あわないなぁと。同じもの観てるのに何で、こんな感想でて
くるの〜という人もでてくるけど、向いている方向は同じだし、民主主義とはそういうことだ、意見の違う人と一緒にやっていくことが大事
だなぁと。

 
勤務先で育鵬社教科書の採択運動を強要
 

 
4年後の教科書選定に関して、問題点を追及していくことを提起。

育鵬社の教科書が独占禁止法違反であると提訴。11月の大阪ダブル選挙で維新の政治を止める。維新こそが安倍を支えているからです。
日常的に、教育委員会、総合教育会議の傍聴も重要であり、常時監視しているとプレッシヤをかける。戦争法反対に立ち上がった若者
たちに、教科書問題は自分のことだとハッキリ訴えていくことも大事。
道徳の教科化が決まっており、公共ということで愛国心をいか
にすり込むかと、保守の立場も、18才から選挙権が来年実施されることから、必死です。運動を継続してまいりましょう。
    

 
 今回は緊急の集会でしたが、12月6日(日)13:30〜16:30 エルおおさかにおいて
12.6「戦争をする国」の教科書を許すな!若者を戦場に送るな!みんなで声をあげよう
大阪集会が開かれます。