戦争法案と労働法制 全面改悪を阻止しよう!
大阪全労協第26回定期大会

   &戦争法案は廃案に! 大阪1万人大集会 於扇町公園
 

この日は、前日の台風の影響で鉄道の乱れが続きました。しかし安倍の暴走は一過性ではすみません。看過できません。総掛かり
行動でやっと橋下維新をかろうじて封じ止めたばかり。彼が主に労働組合をタ−ゲットにかき回した傷あとは、まだ残っています。
 
                               『来賓 全日建近畿地方の垣沼委員長』
この間、教育合同を中心に混合組合の交渉権を最高裁まで闘って勝利しました。あるいは有期雇用の問題が義務的団交事項である
と認めさせてきました。まだまだ橋下が作った労働組合適正化条例が生きていて、今後とも闘いは続きます。

 
『来賓 全港湾大阪支部 山元委員長』            『来賓 元衆議院議員 服部さん』
労働基本の二つの柱、一つ目の労働時間規制が、8時間労働規制をくずそうというのが「残業代ゼロ法案」「過労死法案」といわ
れるもの。もう一つの柱である中間搾取の禁止を崩したのが「派遣法」であって、それをさらに改悪して「生涯派遣を認めていく」
という流れになっています。
 
『来賓 大阪府労働事務所 岡本さん』
昔、ニュ−ジランドで規制緩和の嵐が吹き荒れた時、「闘えるときに闘わなかったら、将来に禍根を残す」という民衆の教訓があ
ります。今、実践しているのが沖縄の人びとの闘いだと思います。心を引き締めて、一致して闘っていきたい思います。
 
第一号議案書の説明をする竹林事務局長
 

 
『来賓 尼崎市議会議員 酒井さん』

 

 

 

 
福田新議長                         大阪全労協26回大会宣言

 
全労協事務局長 中岡さん 自衛官の法的地位との関係から 『安全保障』の廃案を求める緊急アピ−ルの説明をいただきました。
 
おおさか1万人大集会のもよう
本当に1万人を超えました。デモコ−スは三つにわかれ、私たちはいつもの西梅田コ−スをねり
歩きましたが、なかなか解散コ−スに到着しません。翌日の新聞の、ヘリから撮った写真でも「戦争法案」に対する怒りがこみ上
げていいるのを実感しました。