教育合同の混合組合をめぐる議論
  最高裁判所決定でついに決着がつきました。

 3月31日、最高裁は大阪府が提訴していた行政訴訟について破棄および不受理決定をおこないました。
これは2010・11年度の講師雇用継続団交を大阪府・府教委が拒否したことは不当労働行為に当たる
とした中労委命令の取り消しを求めた大阪府の行政訴訟に対するもので、すでに東京地裁・高裁での破棄
を経て最高裁に上がり、その最終的な決定が下されたのである。
 府労委・中労委・東京地裁・高裁での争点は、混合組合である教育合同は不当労働行為救済申立人適格
を有するか、また講師雇用継続要求は義務的団交事項か、であった。その間、何度も苦渋を飲まされもし
た。それが最終的に決着したのだ。結成以来「教育現場の労働者が誰でも入れるみんなでつくる教育合同」
をスロ−ガンとしてきた混合組合の勝利である。


 大阪教育合同労働組合 執行委員長 
   「混合組合に関する最高裁決定についての声明」