西日本春闘討論集会に多数の労働者の参加を
                                              全労協(全国労働組合協議会)
                                              西日本春闘討論集会実行委員会

 全国の仲間の皆さん!特に西日本の仲間の皆さん!

2015春闘が始まりました。世はアベノミクスで景気が浮揚し、「労働者にもおこぼれが回ってくる」かの風潮が蔓延しています。
そうでしょうか!そもそも金余りで、いくら公定歩合を下げて低金利にしても借りる企業がない、という状況に更にお金をつぎ込
んでも、お金がだぶつくだけ。結局、投機先を求めて、石油資源に回ったりというばくち経済に陥ることになってしまします。
 更に、安倍政権は「世界で一番企業が活動しやすい国」を作ると豪語し、企業減税と労働法の大改悪を画策しています。

それでなくとも、非正規労働者が増え続けて格差が拡大し、非正規労働者は低賃金と雇用不安を抱え続ける、正規労働者は長時間
労働と連帯を失った職場環境で孤立して疲労困憊しています。そんな中で更に、派遣労働を全面解禁し、高賃金層を突破口に残業代
をなくそうとしています。まさに「人破れて企業栄える」という荒涼とした風景が目に浮かぶようです。

しかしそんなことばかりも言ってられません。今も毎日毎日、私たちは未払い賃金やパワハラ、いじめに呻吟する労働者と共に、
社会正義の実現のために全国各地で闘ってきました。そして、この春闘で再度全国の闘う仲間と共に、もうけをため込む資本に敢然
と闘いを挑み、大幅な賃上げを勝ちとる闘い、又、不当な解雇や、賃金未払いなど労働者に対する権利侵害と闘う争議団の闘いの勝利
のために全力で闘いたいと思います。

 

以下の日程で、西日本での闘いの交流を通して、資本の不当な抑圧を跳ね返し、労働者の侵害された権利を取り戻す勝利の一里塚
にしたいと思います。

西日本で闘う多くの労働者がこの集会で交流し、知恵を共有し連帯を強めるため、
結集していただけるよう呼びかけます。

参加締め切りは2月20日までにお願いします.

連絡先
徳島全労協(北野静雄)
徳島市南末広町6丁目37-12 港湾ユニオンセンター気付
 電話&FAX  088-623-6306      Mail: kitanos@orange.ocn.ne.jp

大阪全労協 大阪市中央区北浜東1-17
担当 福田徹矢
電話&FAX  06-4793-0735          Mail: info@osakazenrokyo.org

 全労協常任幹事
担当 稲村守
電話 075-801-2308 FAX075-812-4149   Mail: sinamu2002@yahoo.co.jp

15 春闘西日本討論集会日程と大まかな内容
日程228日(土)1300から31日(日)1200

開催地;愛媛県松山市「にぎたつ会館」松山市道後姫塚1182 電話089-941-3939

参加費;全日程参加;参加会議+懇親会+宿泊+朝食+会議 13000  会議のみ参加;1000 会議と交流懇親会参加;5000

228日(土)全労協春闘方針提案 特別報告 大阪市長「橋下」との闘い日航の整理解雇の闘い・労働契約法20条裁判の闘い
       争議(勝利)報告 懇親交流会

3 1日(日)各地方,労働組合からの報告・関西,中国,九州,四国,全港湾(60分)及び各労働組合
       記念講演「交代勤務の疲労と睡眠」  講師 佐々木司(労働科学研究所 研究部長 兼 慢性疲労研究センター長)