秘密保護法施行抗議行動(自民党府連)
                                               12月10日 報告

本日施行された、特定秘密保護法。100名弱でしたか、東京でも同時間、抗議行動が続いています。
「我が国の安全保障に関する秘密」に限定するという。しかし「我が国の安全保障に資する」という変更をかけた法律が、この2
年間にどれだけ成立したか。宇宙開発しかり、原発しかり、着々と布石は打たれてきました。自民党内でもリベラル派、または異
端児と呼ばれる河野太郎は、ブログで、今までのあいまいな秘密であった秘密が法律で特定されるようになったから前進だと言っ
ています。私たちはそう思いません。国家がまずありきの、今の政権に、民衆の「心」が理解できるわけがありません。



この法律を許してしまったことは慚愧にたえません。われわれも責任を痛感しています。    
 
自民党大阪府連が入るビル。あいも変わらず彼らはガ−ドマンを全面にたて、話合いを持つ気もありません。さむ空のなか、警備
員さんに頼りっきり。自分達がやったことの重大性の自戒もない政権与党。
 

 

 

 

 
リレ−ト−ク 発言者が途絶えません。
 

 

 
アベコベ、安倍は辞めろ!

 


抗議は続きます、来年も。チラシです。