昨日、大阪全労協の加盟組合の一つである大阪教育合同労組事務所に中労委より命令書が届きました。
教育合同が大阪市を相手に団交拒否の救済申し立てを求めた事件で、府労委での組合側勝利の決定を
不服とした大阪市の再審査申し立てを却下するという10月24日付の命令でした。組合側完全勝利です。

中央労働委員会 命令書

これで、橋下市長が組合に頭を下げることになります。

  関連記事  今年7月23日  大阪府は税金を使ったムダな行政訴訟をあきらめろ!

        今年2月21日  「大阪府の不当労働行為が、また認定されました」